カンボジア ホテルスタッフ(裏)日記
バックパッカーが、勢いだけではじめての海外就職。カンボジアのホテルで働いた2年間の記録です。現在ラオス在住。ラオス生活は別ブログにて更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
合言葉は「らお子さんですか?」
効率よくブログを更新するために、下書きをしてから書くことが多いのです。下書きをするメリットは、書きたいことをきちんと固められることと、余計なことを書いてないか確認できることです。勢いだけで書いてしまうと結構やばいこと書いてたりするので、下書きをしてから一呼吸おいて文章を読み返してみると、これは余計とか、ここはもっと付け足そうとかってなるわけです。うまく更新できなかったときの保険にもなりますしね。

それはさておき、ちょっと書きたいことがあって下書きをしていたことがあったのですが、あわてて更新しないでよかったと思いました。なぜなら、こっちに住んでる人以外にも、日本にいる人にでさえ、私のホテルばれちゃってるんだもんーー; 

お客さんに、「ブログ書いてますか?」って言われました。あははー。ラオス好きなってところで間違いなく私ですね、それは。頭痛かったの心配されちゃったりして・・・。まあまあ、でもそんなとこから話も広がるわけで、なかなか人生というのはおもしろいものです。

しかし、昨日書こうと思ってたことは仕事がらみのことだったので、さらに内容を考え直す必要ありだなと思ったのでした。日本にいるエージェントさんが読んだりしてたらこりゃ大変だ。。。あえてブログに書くほどのことでもないか、別に。自分の心の中で怒ってればいいんだもんな・・・。あーあぶない、あぶない。

うわー、もう仕事のことなんて書けないや。昨日、そんなことがあってから、今まで書いたこと全部読み返してしまいました。前に在住者が読んでると知ってやばいと思ったところは結構消したり修正したりしてたんですけど(それでも遅かったでしょうけど)、さらにもうちょっと消しました(笑)。

シェムリアップのことわかる人ならわかっちゃうか、やっぱり・・・。

昨日はさらにもうお一人ブログの読者を発見してしまったので、、、あらためてインターネットの素晴らしさと恐ろしさを知ったのでした。

あ、これからは、私のブログ読んでくださった方は、「らお子さんですか?」って聞いてくださいね。そしたら一発でわかりますもんね(笑)。
【2008/05/05 16:20】 | カンボジアライフ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Tipping | ホーム | 忙しいってすばらしい(笑)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://laokoincambodia.blog76.fc2.com/tb.php/351-eabcd707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

らお子

Author:らお子
はじめまして、らお子と申します。

社会人になってからも派遣でちょこちょこ仕事を変えては合間にフラフラと旅に出るバックパッカーを続けていたのですが、突然勢いだけで2006年11月から世界遺産アンコールワットの街シェムリアップのホテルで働き始めました。

2箇所のホテルに勤務して2年間シェムリアップにいましたが、縁あって前から大好きだったラオスでの仕事を手に入れ、現在はラオス在住。

まだまだ書き残しているレストラン情報などなどありますので、時間があったらこっそり更新していきます。

ラオス生活の様子は別のブログ「ラオスっ子クラブ」でご覧いただけます。

今までの旅行記とかを書いているブログ「はれ ときどき あじあ」もよろしくです。

現在ほとんど更新していないため、コメントやトラックバックはできないようにしてあります。メッセージはメールにてお受けいたします。laolaoko2008(あっと)yahoo.co.jp までお願いいたします。(あっと)を@に変更してくださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

いろいろ

登録してみました↓


Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。