カンボジア ホテルスタッフ(裏)日記
バックパッカーが、勢いだけではじめての海外就職。カンボジアのホテルで働いた2年間の記録です。現在ラオス在住。ラオス生活は別ブログにて更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ショッピングセンター登場!
なんと、シェムリアップにショッピングセンターができましたー!!!
名はアンコールトレードセンターとかいうらしい。どんなたいそうなものができるのかと思えば普通のショッピングセンターでしたよ。

オープンしたのかプレオープンなのか、まだテナントもそんなに入ってないのか準備ができてないのかわかりませんが、ガラガラ。でも2階は洋服とかアクセサリーを売ってる店で下はスーパーマーケット。いや、スーパーマーケットができただけでも感激ですよ、はい。

私は別に買うものもなかったのでスーパーには行かなかったけど、行った友達の話によればレジの手際は悪いらしいです(笑)。けどきっとそんなの慣れでしょ、慣れ。2階の服屋でははりきって服買っちゃいました。ちょっと高いけど仕方ない。頑張って値下げ交渉しましたがここの店を借りるのにいくらかかるか知ってるのかってほんのちょっとしか値下げしてもらえませんでした。友達連れてくるから、また来るからって言ったんだけど・・・。しかしこれでわざわざプノンペン行くこともなくなるのかなー。ってそこまで品揃えがいいわけでもないですけど。残念ながら靴は全然ほしいのなかったし。

館内にはエスカレーターとかあるし、プノンペンのソリヤの小さいバージョンみたいな感じがします。エスカレーターは子供の遊び場と化しています。そりゃエスカレーターなんてほとんど見ないもんな・・・。乗れない子とかいますよ、ほんと。いや子だけじゃなくおばちゃんとか。。。

shopping1
(ちょっと近代的)

カンボジア人の子に行った?って聞いたら興味ないって言われちゃいました・・・(笑)。そうなんだ、、、喜んでるのは外国人だけなのか??

場所はプサーチャーのすぐ近くの川沿いにあります。プサーチャー散策のついでによってみてください。2階には念願のフードコートも出現。まだ店は全然ないけど、今後にちょっと期待です。

shopping2 shopping3
(左 人がいないフードコート)
(右 外観。もっと離れて撮ればよかった・・・。Open Soonって書いてあるけどオープンはしてます。)
【2008/03/05 00:38】 | シェムリアップの新発見!? | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<生活習慣を改めましょう! | ホーム | 朝からバイク修理>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://laokoincambodia.blog76.fc2.com/tb.php/310-fb6c9777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

らお子

Author:らお子
はじめまして、らお子と申します。

社会人になってからも派遣でちょこちょこ仕事を変えては合間にフラフラと旅に出るバックパッカーを続けていたのですが、突然勢いだけで2006年11月から世界遺産アンコールワットの街シェムリアップのホテルで働き始めました。

2箇所のホテルに勤務して2年間シェムリアップにいましたが、縁あって前から大好きだったラオスでの仕事を手に入れ、現在はラオス在住。

まだまだ書き残しているレストラン情報などなどありますので、時間があったらこっそり更新していきます。

ラオス生活の様子は別のブログ「ラオスっ子クラブ」でご覧いただけます。

今までの旅行記とかを書いているブログ「はれ ときどき あじあ」もよろしくです。

現在ほとんど更新していないため、コメントやトラックバックはできないようにしてあります。メッセージはメールにてお受けいたします。laolaoko2008(あっと)yahoo.co.jp までお願いいたします。(あっと)を@に変更してくださいね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

いろいろ

登録してみました↓


Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。